借地権の相続

親族が亡くなったことにより遺産の相続を行う場合、何かしらのトラブルが発生することはよくあります。特に土地の問題などになるとこうしたトラブルが顕著に表れます。誰が相続するかで揉めることはもちろんありますが、それだけでなく、その土地がどういった土地であるのかによって問題が発生してしまうこともあります。例えば、現在では少なくなりましたが、地主から土地を借り、その上に自分たちの戸建てを建てて暮らしているという例があります。こうしたケースでは、土地の所有権は地主に、建物は自分たちの元にあるために問題がこじれ、裁判にまで発展してしまうケースもあるため注意が必要です。
借地権相続について
借地権とは、その名前の通り土地を借りる権利のことを示します。第三者である地主から土地を借り、対価として地代を払い、自宅や賃貸アパートなどの建物を建てることが可能です。土地を借りている「借地権者」が父親や母親だった場合、その人が亡くなるとその借地権はその他の遺産と同様に息子や娘などに相続されます。元々は地主の土地であったところに建物は自分たちで建てているという状態のため、相続したはいいがどうしたらいいのかわからない場合や、売却をしたいが困難な状態にあるという場合などが発生してしまいます。

当サイトでは、借地権の相続をめぐって起きるトラブルや、その対処法などについて紹介しています。ややこしい土地の相続問題、特に借地権が絡んでいる物件の相続で悩んでいる場合など参考にしてみてはいかがでしょうか。