日別: 2017年10月25日

専門家に相談を

借地権相談親族の死亡により借地権付き物件を相続した場合、「借地権の譲渡」ではないため、地主と新たに借地権契約を行う必要はありません。そのため、地代の値上げや契約内容の変更、立ち退き要求などによって土地を借りている人が不当な扱いを受けることはありませんが、現在誰が借地権を持っているか不明な状態になってしまうので地主に連絡をすることは必要です。その際に、建物相続登記をしておくと良いでしょう。その際には相続になるので名義書き換え料は不要です。もし名義書き換え料を地主から請求された場合には、支払を拒否できます。

もし借地権を相続したが売却したいといった希望がある場合、借地権の売却も可能です。借地権を相続してもその土地に住むことができなかったり、管理ができない場合には相続と同時に売却を希望する人も多くいます。しかしこの場合には地主の承諾が必要になります。実際に借地権の売却を行おうと思っても、地主の承諾が下りなかったり買い取ってくれる業者が多くなかったりと難しい面もあります。

こうした問題を抱えている場合、一度専門家に借地権相続の相談をしてみることをお勧めします。相続問題と言えば弁護士といったイメージがあるかもしれませんが、土地の問題については底地取扱店でも相談を承っているところがあります。弁護士よりも気軽に相談でき、土地の専門家でもある底地取扱店に一度相談をしてみてはいかがでしょうか。