よくあるトラブル

親族が亡くなったことにより、借地権を相続したもののどうしたらいいのかわからないという人もいるかと思います。それまでその土地が借地であったことを知らされず、借地権者が亡くなって初めて借地であることを知ったというケースもあります。

もし借地権者が亡くなったことによって借地権を相続した場合、生前の譲渡とは異なるため地主の承諾は必要ありません。そのため、名義を変更するための譲渡承諾料は不要です。しかし、その他の財産と同様に相続税が発生します。

現在借地に建てた家に暮らしているが、借地権者である親族の死亡によって立ち退きを迫られるのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、借地権はそのまま相続人へと引き継がれる為、立ち退く必要はありません。その際には地主にその旨を連絡するのみで新たな契約も不要です。また、それによって地代や契約内容が変わることもありません。

親族の死亡により借地権を相続した場合、不当な立ち退きを要求されても応じる必要はありません。しかし、もし地主が地代の受け取りを拒否するなど問題がある場合には、一度供託をして専門家に相談をしたほうが良いでしょう。その他にも借地権付き物件の相続で困ったことやトラブルが発生しそうになった場合には、ややこしい問題でもあるため専門家を間に挟んでやりとりをする方が良さそうです。